11月のレッスンが終了しました。

今月の中医学の基礎は「血・津」について。

 

「血」は血液、「津」は体内の正常な水液の総称です。

陰陽で言うと「血・津」は陰で、生命エネルギーの元である「気」は陽です。

体内の陰陽を整えるためには、「気・血・津」のバランスが大切となります。

 

冬に向けて「気」を補う中華風のお粥、身体を温める鮭、潤いを与えるクコの実と白ごまを使った和え物で、体内のバランスをよくする献立でした。

 

次回は「陰」のエネルギーが極まる冬至を迎える12月。

しっかり身体を温めて、クリスマスにも適したメニューをご紹介します。